もしも予定よりオーバーしたら

こうした走る分だけの自動車保険に加入したいと考える多くの方が心配されるのは、例えば年間予想走行距離を3000キロメートル以下とした場合、それ以上走ってしまった時、保障されるのかどうかという点です。これも契約する自動車保険会社によって違いがありますが、ある保険会社の場合には、保険会社に連絡し差額保険料を支払う事で、契約通りの保障が受けられるようになっています。

更新されて2年目以降という場合、前年の走った距離に該当する契約区分によって継続契約し、超えても安心というサービスが適用されます。この場合、保険会社に連絡する事も、保険料差額を支払う事も必要ありません。このサービスを利用されていない場合、申告と差額保険料の納入が必要となります。

また契約時に予定走行距離を申告し、その申告した距離よりも少なかったという場合はどうなるのか、というと、ある保険会社の場合、実際に走った距離が1000キロメートル以上少ない場合、その差額保険料相当額が翌年契約継続時、保険料から割引されるというシステムを持っています。こちらも所定の条件がありますので、利用される場合、必ずどのような条件なのか確認し、それに当てはまる場合、こちらの保険に見直しするといいでしょう。

年間走行距離と予想

走る分だけという事を考慮し、自動車保険見直しを行う場合、年間走行距離がどの程度あるのかという事を理解しておくと見直ししやすくなります。例えばある保険では年間走行距離が1万キロメートル以下という場合、走る分だけ・・の保険見直しをしてみる価値があります。

駅へ送り迎えするために毎日利用する、通勤で駅まで利用するという場合でも、それ以外に遠乗りしないという乗り方なら、年間走行距離が1万キロメートル以下になる可能性も出てきます。

保険会社によって違いがありますが、過去1年間の走行距離を調べてその距離によって保険料を算出するという方法が一般的なので、車を運転される一人一人のライフスタイルに合わせて自動車保険を選ぶ、見直す事が出来ます。

また契約時に1年間走る距離を予想し、3000キロメートルから無制限までの7区分によって選択肢、年間走行距離によって保険料を算出するという方法もあります。自動車を保有されていても、ほとんど乗る機会がない、たまに買い物に利用するくらい・・・という人は、年間走行距離数がかなり低くなりますので、この場合、保険見直しによってかなり月々の保険料を安くすることができます。

ただ気になるのは年間走行の予定距離なので、その距離を超えてしまったらどうなるのか?という点ですが、これもきちんと対策が練られていますので安心です。

自分の車生活を考えてみよう

自分の生活の中で車を利用する機会がどのくらいあるか、考えてみましょう。地方に住む方の場合、車がなくては何をするにも不便という地域が多くなります。バスや電車の便が悪く、駅までかなりの距離がかかる、また病院などに行く時、買い物に行くときにも車が必須という地域も少なくありません。

通勤に利用するという場合、走る距離がトータルで長くなりますし、毎日乗るという事になるので、利用する機会が多いという事を考慮した保険に加入を見直す出来です。地方に暮らしていても、病院や買い物で定期的に利用する、毎日利用しないという場合、またほとんど利用せず、たまに病院に行く際車を利用されるという場合でも、利用する距離や回数が違いますので細かく考えていきましょう。

都市部に暮らしていてほとんど車を利用せず、週末、家族とどこかに行くという時だけ車を利用されるという方の場合、通常の保険ではなく、走る分だけ保障するというタイプの保険であれば、保険料が格段に低くなります。この場合、予想年間走行距離によって保険料を算出するという事になるので、保険料がかなり低くなるのです。

走る分だけという事を考慮した保険見直しを行う場合、自分がどのような場面で車を利用するのか、どの位利用するのかという事を調べておくと見直ししやすくなります。

自動車保険の保険見直し

自動車保険は自賠責保険と任意保険があります。自賠責保険への加入は国が法律によって定めているため、必ず加入していなければなりません。自賠責保険へ加入、また更新していない車両については車検もできません。つまり乗る事が出来ない車です。

自賠責保険は人に対して保障する保険です。自動車事故を起こし被害者の方が怪我をされた場合や、死亡させてしまった時に利用できる保険ですが、物損部分に関しては全く保障されないため、物損部分の保障と、人に対する保障に関しても裁判等で損害賠償請求額が大きくなってしまった場合に補填する保険として任意保険があります。こちらは強制保険ではないので、任意で加入する事が必要となります。

時に損害賠償請求が億を超える場合も出てきており、万が一のことを考慮して任意保険に加入するのですが、車両などを付けると保険料がかなり高くなるため、躊躇される方も多く、車両部分を外してしまう方も多いのですが、保障されない部分が大きくなるため、しっかりと何が必要なのかを考えなければなりません。

最近は、走る分に対して保障を考えるという人が多くなり、自動車保険見直しでも、自分が車に乗る機会に応じて、保険を見直し契約を変える方も少なくありません。保険料の見直し、内容の見直しを考える時、自動車保険に関しては、走る分を考慮して見直しする事もオススメです。

当サイトは、自動車保険で走る分だけという事を考慮した保険見直しを説明します。当サイトが皆様のよい情報となれば幸いです。