年間走行距離と予想

走る分だけという事を考慮し、自動車保険見直しを行う場合、年間走行距離がどの程度あるのかという事を理解しておくと見直ししやすくなります。例えばある保険では年間走行距離が1万キロメートル以下という場合、走る分だけ・・の保険見直しをしてみる価値があります。

駅へ送り迎えするために毎日利用する、通勤で駅まで利用するという場合でも、それ以外に遠乗りしないという乗り方なら、年間走行距離が1万キロメートル以下になる可能性も出てきます。

保険会社によって違いがありますが、過去1年間の走行距離を調べてその距離によって保険料を算出するという方法が一般的なので、車を運転される一人一人のライフスタイルに合わせて自動車保険を選ぶ、見直す事が出来ます。

また契約時に1年間走る距離を予想し、3000キロメートルから無制限までの7区分によって選択肢、年間走行距離によって保険料を算出するという方法もあります。自動車を保有されていても、ほとんど乗る機会がない、たまに買い物に利用するくらい・・・という人は、年間走行距離数がかなり低くなりますので、この場合、保険見直しによってかなり月々の保険料を安くすることができます。

ただ気になるのは年間走行の予定距離なので、その距離を超えてしまったらどうなるのか?という点ですが、これもきちんと対策が練られていますので安心です。