もしも予定よりオーバーしたら

こうした走る分だけの自動車保険に加入したいと考える多くの方が心配されるのは、例えば年間予想走行距離を3000キロメートル以下とした場合、それ以上走ってしまった時、保障されるのかどうかという点です。これも契約する自動車保険会社によって違いがありますが、ある保険会社の場合には、保険会社に連絡し差額保険料を支払う事で、契約通りの保障が受けられるようになっています。

更新されて2年目以降という場合、前年の走った距離に該当する契約区分によって継続契約し、超えても安心というサービスが適用されます。この場合、保険会社に連絡する事も、保険料差額を支払う事も必要ありません。このサービスを利用されていない場合、申告と差額保険料の納入が必要となります。

また契約時に予定走行距離を申告し、その申告した距離よりも少なかったという場合はどうなるのか、というと、ある保険会社の場合、実際に走った距離が1000キロメートル以上少ない場合、その差額保険料相当額が翌年契約継続時、保険料から割引されるというシステムを持っています。こちらも所定の条件がありますので、利用される場合、必ずどのような条件なのか確認し、それに当てはまる場合、こちらの保険に見直しするといいでしょう。